本文へジャンプ
Luis Sartor ルイス サルトール チャランゴマスター

ルイス サルトール プロフィール

Luis Sartor 1952年、アルゼンチン共和国サンタ・フェ州に生まれる。 1978年、ケーナの巨匠アントニオ・バントーハの日本ツアーのメンバーとして来日。1985年、活動の拠点を日本に移し、以来ラテン音楽の魅力を日本に広めるべく活躍するマエストロ。 マンドリン、チャランゴ、ギター、キーボード、パーカッションを自由自在に操り、シンガー・ソング・ライターとしても多彩な才能を発揮。 桑田佳祐が監督を務めた映画「稲村ジェーン」のサウンドトラックや、95年にグラミー賞「ベスト・ラテン・アルバム」にノミネートされたオルケスタ・デ・ラ・ルスのアルバム「ラ・アベントゥーラ」に楽曲を提供し、いずれも大ブレイク! さらに、大のサッカー・ファンとしても知られるルイス・サルトールは、2002年、 「FIFAワールド・カップ」でサッカー日本代表に送る応援ソングを作詞作曲し、「VIVA日本」をリリース。 音楽活動の傍ら、Inter FM (76.1MHz)のDJ、CMのナレーション、 スペイン語の翻訳など幅広く活躍中。 著書に、画期的な教則本「チャランゴ・マスター」がある。 2007年には、株式会社コナミデジタルエンタテインメントより発売された「ワールドサッカーウイニングイレブン2008」で使用された音楽の作曲、編曲、 プロデュースを担当。 また、2007年に発表された日本在住のラテン移民に関するドキュメンタリー「Voces Latinas」の音楽を手がける。ルイスはこれまでに、ソニー、インターFM, ビクター, スバル, NTT, KDD, NHK, Polymate, ロレックス, 三省堂など様々な企業のラジオおよびテレビコマーシャルに、ナレーターやDJとして出演している。2009年10月にはボリビアのポトシで開催されたポトシ国際会議および、チャランゴ・フェスティバルに参加。

オルケスタ・デ・ラ・ルス「ラ・アベントゥーラ」制作

Grammy Award ルイス サルトールは1995年、第32回グラミー賞のベスト ラテン アルバムにノミネートされたオルケスタ・デ・ラルスのアルバム「ラ・アベントゥーラ」制作においては、多大な貢献をしました。ルイスはラテンアメリカのリズムや楽器を紹介するショー「ラテンカーニバル」をプロデュースしています。このショーではあらゆる世代の人々が演奏、歌、ダンスを楽しみ、彼の底抜けの明るさは私たちを日々のストレスから解放してくれます。